社会医療法人 近森会 近森病院附属看護学校

大学への編入学
そして、保健師として新たなるスタート

1期生

岡﨑 英恵

私は近森病院附属看護学校の1期生として3年間看護学を学び、現在高知大学医学部看護学科に編入学しています。私は本校に入学した時から学位の取得、また、保健師の免許を取得したいと思い、進学を考えていました。本校には学生の悩みや相談に真摯に向き合ってくださる先生方がたくさんいます。私が進学のことを話した頃は、本校がまだ専修学校ではなく、受験資格に該当しないのではと不安を感じていましたが、先生方は私の夢を応援してくれ、受験の準備や試験対策など様々なサポートをしてくださり、夢の実現に向け尽力してくださいました。本当に感謝しています。進学に対しては1期生で相談できる先輩もいなかったことから不安もありましたが、今は進学して本当によかったと思っています。
4月からは保健師として新たなスタートが始まります。まだまだ勉強中ですが、これからも向上心を持ち続け頑張っていきたいです。

周りの人に支えられた3年間

2期生

楠瀬 拓也

私は近森病院附属看護学校の第2期生として3年間看護を学び、現在、近森病院消化器外科・泌尿器科病棟に勤務しています。看護学校入学当初は、全てが初めての事ばかりで本当に自分が看護師になれるのか不安な毎日を過ごし、初めての実習では、とても緊張した事を覚えています。そんな時に親身になって話を聞いてくださった先生方や、一緒に実習に臨んだ友人、家族に支えられこうして看護師になることができました。実習では、患者さんとコミュニケーションを取ることが多かったですが、今は患者さん以外にも、ご家族や多職種とも密にコミュニケーションを取らなければいけません。時に難しく感じることもありますが、タイミングや相手の気持ちなどを考え接することを心がけています。皆さんも、近森病院附属看護学校で学び自分らしい看護師を目指して頑張ってください。

より実践的な授業や実習で
学び得た知識や技術を現場で生かす

2期生

本荘 日美香

私は高校卒業後、近森病院附属看護学校に入学し、今年の春から集中病棟勤務2年目となります。専門学校の3年間で得た知識を基に日々患者さんと向き合っています。近森病院附属看護学校には母体病院があり、現場で働く医師や看護師の方々が講師として教えて下さるため、実践的な知識や技術を学ぶことができたと思います。また母体病院である近森病院は多職種連携に力をいれている病院です。学校生活では授業や実習、よさこいなど 現場の方々と関わる機会が多く、その際の人のつながりが現在の連携につながっています。看護師は責任が必要な職業であり、判断に迷うこともあると思いますが、先生や先輩の助けも借りながら一緒に頑張っていきましょう。

社会医療法人 近森会 近森病院附属看護学校

〒780-0052 高知県高知市大川筋1丁目6-3

TEL 088-871-7582(受付9:00~17:00・平日のみ)

FAX 088-871-7587